トップ
沿革
行事案内
お寺の風景
日々雑感
案内地図
リンク

専西寺沿革

 当寺開山専西坊は源義家の末流で、俗名を源権之亟義持といい、宗祖親鸞聖人に深く帰依されていた篤信者であった。得度出家された後、専西坊という法号を賜り、承元元年(1207)鎌倉雪の下に草庵を結び、一向山専西坊と号した。これが当寺の起りである。
 その後、江戸時代に至り、時の住職釈正入法師は、徳川幕府のおひざもと江戸へ下り、俗名
青木勘次郎を開基に迎え、鎌倉雪の下より寺坊を本郷湯島三丁目に移し、改めて一向山専西寺と号した。時あたかも寛永三年(1627)であった。ここに宗祖親鸞聖人の教えに基づく報恩謝徳の念仏の声を、江戸の街に響かせる道場が出現したのである。
 当寺三世恵皆法師が住職であった天和二年(1682)類焼の憂目に遭い、専西寺の所在地が
新地、即ち新しく開けた住宅地に位置していたため、寺域を召し上げられ、寺号も取りつぶされるという法難に遭い、やむなく代々木の正春寺内へ移転。恵皆法師は、そのまま正春寺の住職として就任された。
 その後、かつて当寺開山の釈正入法師の時代に、豊島郡駒込村の百姓内海左近圃角左衛門 より土地を求め、専西寺所有地として関係もあって、駒込の地に専西寺を再建することを条件に、
正春寺の地位も南新法師に譲ることを寺社奉行に申し出た。しかし、「南新の住職は未だ若すぎる」との理由で却下され、仕方なく恵皆法師は、南新の後見人として正春寺に留まることとなった。
 元禄五年(1692)、五代将軍徳川綱吉公の十三回忌法要が営まれた際、再び専西寺再興の件を申請したところ、「古跡」によりとの理由で許可され、喜び勇んで駒込の地に専西寺を再建した。
 享保三年(1718)再び類焼に遭い、翌年、現在の地に代替地を得て移転してきた。その後、第二次大戦の戦火によって堂宇すべてを焼失。鋭意、復興再建につとめ、昭和三十一年(1956)鉄筋
コンクリート造本堂を、昭和四十二年(1967)木造の庫裡を完成、昭和六十三年(1988)庫裡改築、 平成十八年(2006)この度の本堂修復を終え現在に至っている。 (『本郷の寺院』より・一部加筆)

Copyright (c) Sensaiji All Rights Reserved